ご契約からお引き渡しまで
Process

ご契約から完成・お引き渡しまでの流れをご紹介

ご契約からお引き渡しまで

工程

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step01

Step 01 お問い合わせ

理想の家づくりは、工務店との信頼関係があってこそ成立します。資金のこと、設備や性能のこと、土地・設計のことなど、家づくりに関することなら何でもお気軽に、まずは電話・メールフォームにてお問い合わせください。ご希望のお客様には、LIXILの商品化住宅「TRETTIO」をはじめとした各種パンフレットもご用意しております。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step02

Step 02 ご見学・ご相談

匠工務店が手がけたアンバサダーの家を見学して、理想の家づくりをイメージしていきます。見学の際には、実際に住まわれているアンバサダーの方のお話を聞くことも可能です。実際に見て、聞いて、雰囲気を感じることで家づくりのイメージが膨らみます。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step03

Step 03 計画・検討

家づくりの資金は、住宅ローンを借り入れて調達するのが一般的です。年収や他の借入金の額によって、借り入れ可能額が変化するため、金融機関に相談しましょう。返済できる金額を基本に、無理のない返済計画を練るのがポイントです。

建築予定の敷地の測量や、給水・排水・電気の引き込み位置や、敷地に接している道路の状況や周辺環境など敷地調査を行い、ラフプランと呼ばれる家づくりのたたき台と概算見積もりを作成します。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step04

Step 04 実施計画・本見積もり

家づくりのスケジュールや間取り、仕様など具体的な施工の計画を立て、実施計画を作成します。その後、実施計画で作成した仕様をもとに本見積もりを作成します。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step05

Step 05 ご契約

最終の図面確認・本見積もりの内容に合意いただければ本契約(建築・工事請負契約)を結びます。その後、建築の仕様が建築基準法を順守しているかを確認するための「建築確認申請書」を指定確認検査機関に提出をいたします。

地盤がしっかりしていない土地では、地震による地盤沈下で家が傾いてしまう危険性がありますので、建築の前に地盤の状態を調査し、必要に応じて地盤改良工事を行う場合もあります。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step06

Step 06 敷地整備

建て替えの場合には、土地を更地にするため建物を解体し、地ならしをする整地工事を行います。その後着工前の地面に縄で家の輪郭をかたどることで配置を行う作業「地縄張り」を行い、工事の無事を祈念する地鎮祭*を行います。

*地鎮祭は、最近では執り行わないケースも増えています。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step07

Step 07 工事

建物を支え安定させる「基礎配筋検査」を経て屋根と外壁の工事工程に移ります。屋根の工事が完了後、建物の安全性をチェックする「中間検査」を行い、合格後に外壁工事に移ります。その後、キッチンやバス、トイレなどの設備工事や外壁の塗装などを行います。

新築戸建住宅のお引き渡しまでの流れ step08

Step 08 完成・お引き渡し

完成後は、最初の仕様書や設計図通りに造られているかを確認する「竣工検査」を行います。

その後、新居の鍵や各種保証書、設備の取扱説明書をお渡ししてお引き渡しとなりますが、そこでお付き合いが終わりではありません。実際に住まわれてからのメンテナンスや万が一のトラブル対応など、ご入居後のアフターフォローも手厚くサポートいたします。