温熱環境
Thermal Environment

断熱性能・気密性能を高めて
快適な暮らしを実現

冬のリビングやエアコンで快適な室内も、廊下やトイレは寒く感じることがあると思います。この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけでなく、ご家族の健康にも影響を及ぼしています。家の中の温度差を少なくするには住まいの気密性能・断熱性能を高めることが大切です。

SUPER WALLの
断熱・気密性能

 断熱性能

高性能な硬質ウレタンフォームを使用したSWパネル、高断熱サッシ、高性能ガラス、計画換気システムなどの構成により、優れた断熱性能が生まれます。

家を建てられる地域や土地の条件、目指す性能基準に合わせて、適切な組み合わせを選ぶことができます。

断熱性能

 気密性能

家には見えない隙間が存在しており、隙間が多いとエアコンなどで温度調整を行なっても漏れてしまい、快適な室内環境を保つことはできません。

したがって、住まいの気密性はとても重要です。気密性能は相当隙間面積(C値)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく気密性に優れていることを示します。

SUPER WALLの家では、C値1.0を基準とし、一邸一邸気密測定を行い、性能報告書にてご確認をいただいております。

気密性能

断熱・気密性能を高めることで
得られるメリット

利点
01

ヒートショック予防に

断熱性の高い家は、冬でも居室と脱衣室・浴室やトイレとの温暖差が少ないため、急激な温度変化によって血圧や脈拍が変動する「ヒートショック」の予防にもつながります。

利点
02

冬場の朝の冷え込みを抑制

断熱性能が高いスーパーウォール工法の家は、断熱性が高いため就寝前に暖房を止めても室温が下がりにくく、翌朝の冷え込みを抑えることができます。朝の身支度の際や着替えで寒い思いをすることなく、快適に過ごすことができます。

利点
03

高断熱化による健康改善効果

住まいの高断熱化と健康改善の関係を研究した近畿大学 建築学部 岩前研究室の調査データでは、断熱性の高い住宅に住み替えた方が、気管支喘息やアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出にくくなったというデータが出ています。

SUPER WALL 7つの特長